看護教科書・参考書は書き込みがあっても買取ってもらえますか?

看護師の方なら解るかもしれませんが、看護学生時代の教科書や参考書には、赤線やメモ、付箋の貼り付けがそのままになっていたりしますよね。

すでに看護師と働いている方は、古本屋さんに持っていくどころか、このメモや付箋のチェックをしなければならないことさえも億劫かもしれません。

看護教科書に限らず、大学時代に使用していた専門書、参考書にも同様のことがいえるでしょう。

大学を卒業して、もう社会人になって忙しくしている人にとって、この古本をチェックする時間さえ惜しい方も多いでしょう。

でも、このような教科書専門買取業者さんなら、少々の書き込みがあっても、その分も加味して買い取ってもらえます。

なぜなら、少しでも安く買いたいと思っている買い手は、少々のメモや赤線よりも、価格が安くに買える方が嬉しいからです。

もしかしたら、同じ専門書を扱う者どうして、そのメモなどが嬉しかったりすることも?

そのため、専門性のある教科書・参考書は少々の書き込みや赤線を引いてあっても、買い取ってもらえるので安心して下さいね。

⇒看護教科書の買取はコチラ!

専門買取業者なら、自己負担なしで売れるってのは本当?

教科書専門買取業者に頼む場合、自分で古本を店舗までもっていく手間がかからないというメリットがあります。

車まで運んで、そこからお店まで・・

と考えると重労働ですよね。

ましてや、看護師の参考書は1冊や2冊どころではないでしょうから、かなりの負担です。

その点、専門の買取業者にお願いすれば、担当に人が自宅まで取りに来てくれるか、もしくはダンボールが送られてきて、本棚からダンボールに詰めるだけの作業のみです。

細かいチェックも必要ないので、あえていうなら、ダンボールを玄関先まで持っていくくらい?でしょうか。

そのダンボールも無料サービスしてくれる業者も多く、〇冊以上で、送料も無料というサービスのところもあるので、古本を売りたい私たちの負担はゼロ!

配送業者さんを呼んで、ダンボールを送れば、あとは、査定額の知らせが来るまで待っているだけです。

自己負担もゼロだと、一気に思い腰を上げて、お部屋の整理整頓をしてみたくなった方も少なくないはずです。

お得な専門買取業者!さらに高くに査定してもらうための秘訣とは?

少しでも高い値段で査定してもらうためには、購入してからなるべく早く売ることです!そして、状態がよい教科書や参考書の方がより高く査定してもらうことができます。

とっても、自分で使うために教科書や参考書を買うわけですから、最初から売ることを想定して使っている方は少ないですよね。

これから、売ることを前提に本を購入した方は、状態良く使用することと、購入したら早めに売ることは必須です。

さらに、より良い専門買取業者さんを選ぶこと!!!

これが大事です。

教科書やテキスト、参考書を売ることを考えている方は、「専門書アカデミー」がおすすめ!

専門書・大学教科書・医学書の買取を専門に行っているので、安心して査定をお任せすることができますよ。

しかも、

ダンボールは無料でプレゼントしてもらうことができます。

汚れや押印、書き込みがあっても、買取可能な専門買取業者さんなので、大学・看護学校で使っていた本も買取ってもらうことができますよ!

また、発行から1年以内のものなら、定価の15%~30%以上の買取を保証してくれます。

他の業者さんを検討している途中だった方も、一度「専門書アカデミー」と比較してみるといいですよ!

冊数が多ければ多いほど、買取額がアップしていくシステムなので、看護師・医師・医療関係の方で、参考書が部屋の中に溜まりきっている方に、とってもオススメです!