看護教科書・参考書は書き込みがあっても買取ってもらえますか?

看護師の方なら解るかもしれませんが、看護学生時代の教科書や参考書には、赤線やメモ、付箋の貼り付けがそのままになっていたりしますよね。

すでに看護師と働いている方は、古本屋さんに持っていくどころか、このメモや付箋のチェックをしなければならないことさえも億劫かもしれません。

看護教科書に限らず、大学時代に使用していた専門書、参考書にも同様のことがいえるでしょう。

大学を卒業して、もう社会人になって忙しくしている人にとって、この古本をチェックする時間さえ惜しい方も多いでしょう。

でも、このような教科書専門買取業者さんなら、少々の書き込みがあっても、その分も加味して買い取ってもらえます。

なぜなら、少しでも安く買いたいと思っている買い手は、少々のメモや赤線よりも、価格が安くに買える方が嬉しいからです。

もしかしたら、同じ専門書を扱う者どうして、そのメモなどが嬉しかったりすることも?

そのため、専門性のある教科書・参考書は少々の書き込みや赤線を引いてあっても、買い取ってもらえるので安心して下さいね。

⇒看護教科書の買取はコチラ!

専門買取業者なら、自己負担なしで売れるってのは本当?

教科書専門買取業者に頼む場合、自分で古本を店舗までもっていく手間がかからないというメリットがあります。

車まで運んで、そこからお店まで・・

と考えると重労働ですよね。

ましてや、看護師の参考書は1冊や2冊どころではないでしょうから、かなりの負担です。

その点、専門の買取業者にお願いすれば、担当に人が自宅まで取りに来てくれるか、もしくはダンボールが送られてきて、本棚からダンボールに詰めるだけの作業のみです。

細かいチェックも必要ないので、あえていうなら、ダンボールを玄関先まで持っていくくらい?でしょうか。

そのダンボールも無料サービスしてくれる業者も多く、〇冊以上で、送料も無料というサービスのところもあるので、古本を売りたい私たちの負担はゼロ!

配送業者さんを呼んで、ダンボールを送れば、あとは、査定額の知らせが来るまで待っているだけです。

自己負担もゼロだと、一気に思い腰を上げて、お部屋の整理整頓をしてみたくなった方も少なくないはずです。

お得な専門買取業者!さらに高くに査定してもらうための秘訣とは?

少しでも高い値段で査定してもらうためには、購入してからなるべく早く売ることです!そして、状態がよい教科書や参考書の方がより高く査定してもらうことができます。

とっても、自分で使うために教科書や参考書を買うわけですから、最初から売ることを想定して使っている方は少ないですよね。

これから、売ることを前提に本を購入した方は、状態良く使用することと、購入したら早めに売ることは必須です。

さらに、より良い専門買取業者さんを選ぶこと!!!

これが大事です。

教科書やテキスト、参考書を売ることを考えている方は、「専門書アカデミー」がおすすめ!

専門書・大学教科書・医学書の買取を専門に行っているので、安心して査定をお任せすることができますよ。

しかも、

ダンボールは無料でプレゼントしてもらうことができます。

汚れや押印、書き込みがあっても、買取可能な専門買取業者さんなので、大学・看護学校で使っていた本も買取ってもらうことができますよ!

また、発行から1年以内のものなら、定価の15%~30%以上の買取を保証してくれます。

他の業者さんを検討している途中だった方も、一度「専門書アカデミー」と比較してみるといいですよ!

冊数が多ければ多いほど、買取額がアップしていくシステムなので、看護師・医師・医療関係の方で、参考書が部屋の中に溜まりきっている方に、とってもオススメです!

この投稿はに公開されました。

いらない看護教科書でも絶対捨てちゃダメ!美味しいお小遣い稼ぎ

新しい季節を迎えたり、進学や就職の時期になると、使わなくなった参考書や教科書を処分したくなるものですよね。

看護師になって数年、以前、頻繁に使用していた参考書が必要なくなったり、そろそろ看護教科書を処分したくなっている方も多いのではないでしょうか?

でも、早く部屋を綺麗にしたいからといって近所の古本屋さんに持っていったり、廃品回収なんかに出したりしたらもったいないですよ!

なぜなら、かつてお世話になったその参考書や教科書は売ればお金になるからなんです。

皆さんに詳しく知っていてもらいたいので、ご紹介しますね!

専門的な参考書・教科書・専門書が高価に売れる?!

看護学生の教科書や参考書なんて、そんなニーズがあるの?

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、専門的な教科書の方が高く売れる傾向があります。

医学生も看護学生も、学生にとって、高い医学書であっても必要不可欠なため、たとえ中古であっても、安く手に入れたいのです。

このように医学生や看護学生に限らず専門性の高い古本はニーズが高いため、近所の古本で売るより高い価格で売れるんです。

例えば、ヤフオクやメルカリのようなところでも、売れますが、売りたい本が一冊なら問題ありませんが、部屋に山住になっていると、一冊ずつ売っていくのは面倒ではありませんか?

しかも、梱包から発送まで自分ひとりで行わなければなりません。

部屋の中の大量の教科書や参考書が、これではいつになったら片付くのか解りませんよね。

きっと、ヤフオクやメルカリをやっていたけど、途中で面倒になって諦めた方も多いのではないでしょうか?

だからといって、ブックオフなどの古本屋さんに持っても一冊1円から100円程度。

持っていくだけの時間がもったいない!と感じてしまうかもしれませんね。

確かに、一気に部屋の中が片付くのは嬉しいのですが、ランチ代にもならない程度のお金しかならないかもしれません。

売りに出す本の冊数にもよりますが、パン1つ買えるかどうか・・・

しかし、それは仕方のないことで、ブックオフなどは、少しでも安く買い取ろうとします。

それが専門書であろうかなかろうが、その店舗にとってニーズがあるかどうか(買いに来る人がいるかどうか)で査定されてしまいます。

でも、宅配買取サイトなら、ネットで、全国にお客様がいるわけですから、ある程度高く買い取りすることができるんですね。

また、ブックオフなどの店舗のある中古屋さんは、人件費や店舗代金など、費用もかかるため、売れるかどうかもわからないような古本は、少しでも安く買う必要があるのです。

教科書専門買取サイト・看護教科書の専門買取サイトってある?

今の時代は、古本を売るなら、専門買取サイトに売った方が良いことはお解り頂けたかと思います。

その分野の専門買取なら、教科書や参考書、教材の価値を分かった人間が携わっており、適正な査定をしてもらいやすくなります。

その古本を買いたいユーザー層や、独自の販売ルートも持っていたりすることもあるので、価値をしっかりと把握して高くかってくれる傾向にあります。

ブックオフではパン1個も買えないくらいの査定金額んだったのに、数千円になったりもするんですよ!

ちょっと驚きですよね。

そのくらい査定額が違ってくるので、看護師の方、医師の方、医療従事者の方は、専門買取業者さんにアプローチしてみましょう!

ちょっとしたお小遣い稼ぎができること間違いなしです!

この投稿はに公開されました。

看護教科書や参考書は売れるの?買取可能な業者を探してみたよ!

近所にある古本屋に持って行っても、1冊1円から100円にもなるかならないかの看護教科書。

学校に通いながら、バイトしたりして、頑張って高い参考書を買ったんだよなぁ~

親にも教科書代を払ってもらったりして・・・

そんな高いお金を払って購入した看護教科書は、他の古本と比べて少しコツが必要になるんです!

こうしたコツやポイントを知らないで、買取業者さんや古本屋さんに送ったり、持っていったりしてしまうと、査定を低く見積もられてしまうことも・・・

それ以上に、返送用の送料や処分料まで請求されてしまうことがあるため、注意が必要です。

買取業者を利用して、看護教科書が学校のテキスト・参考書などを売却する時の、注意点とその理由についてお伝えしたいと思います。

教科書類が買取NGになることが多いのはなぜ?

例えば、小・中・高校の教科書。

家の中で眠っているから早く処分してしまいたい方も多いですよね。

でも、小・中・高校の教科書を査定してもらえる買取業者さんが少ない背景には次のような理由があるんです。

  • ニーズがない
  • 流通量が多い
  • 情報が古い
  • 状態が悪い
  • ISBNコードが付いていない

これらの理由で、買取額が極端に低かったり、買い取ってさえもらえないことも多いです。

学校の教科書は流通量によって、希少価値がほとんどないんですよね。

また、欲しいと思う人もごくわずかなので、買取業者さんにとっても買い手に困ってしまうのでしょう。

また、たいていの場合、教科書にはアンダーラインを引いたり、勉強した形跡(書き込みなど)があります。

こうなってくると、ほとんど価値がないと言って間違いがないでしょう。

看護学校の教科書や参考書の買取を検討している方は、こちらが参考になりますよ!

看護教科書の買取なら

看護学校の看護教科書と高校の教科書とは価値がちがう

例えば、現在看護師で、看護学校時代の教科書や、参考書が、本棚に山積みになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この場合は、小・中・高校の教科書と同じ扱いではありません。

看護学校や大学で使われている教科書は、いわゆる専門書であり、ISBNコードも付いている普通の書籍として、一般的な本屋さんで購入できるものです。

こうした専門性の高い教科書や参考書は、高値で取引されることが多く、買取業者さんも高額査定をしてくれるところが増えています。

なので、看護学校の教科書や参考書、大学で使用していた専門書などは、専門の買取業者さんお願いするといいでしょう。

傾向として、送料が無料になったり、少々の書き込みがあっても、買取ってくれるところが多いですよ!

今、使用している教科書や参考書があるなら、高く売るために次のことを心がけておきましょう。

  • 書き込みを控える
  • 日焼け除けのブックカバー
  • 出来る限り早く売る
  • オークションやフリマアプリより買取業者
  • 専門書を取り扱う業者を選ぶ

これらのことに気を付けておくといいですね。

今、看護学生の方や大学生の方、高い金額で参考書を買っても、大切に使用すれば、高値で買い取ってくれることを覚えておきましょうね。

この投稿はに公開されました。